関門海峡Navi

HOME > イベントガイド > 門司港側「冬」

門司港側「冬」

前に戻る
門司港名物バナナの叩き売り

門司港名物バナナの叩き売り

1903(明治36)年、台湾の商人が神戸に初めてバナナを持ち込みます。冷蔵設備のない時代バナナは傷みやすく、1908(明治41)年以降は、一日早く着く門司港が荷揚げ拠点となりました。青い状態で輸入し、問屋が室(むろ)で熟成させて出荷。蒸れたり傷んだものは、市場に出ず露天商が売りさばきました。名調子にのって、高価だったバナナは飛ぶように売れました。露天商が50人も並んだと伝えられ、当時の賑わいをうかがわせます。

「春よ三月春雨に、弥生の空に桜散る・・・」で始まるどこか懐かしい声は今も保存会等に受け継がれています。

軽快な口上をお楽しみください。

◆開催日:不定期の日曜日

◆時間:11:00~ (バナナが無くなり次第終了)

◆場所:海峡プラザ前 ※天候などにより中止の場合もございます。

◆お問合せ: 海峡プラザ管理事務所 093-332-3121


上へ戻る
(C) KANMON KAIKYO KANKOU SUISHIN KYOUGIKAI. ALL RIGHTS RESERVED.